2015年7月26日日曜日

7月26日

 
 
 
さすがに鈴鹿シリーズも写真もいっぱいになったので
 
文章をサボってたら同行した先輩から
 
「何か書けよ!」とのコメントもらったので
 
鈴鹿3日目です。
 
 
 
 
 
この日は決勝とあって
 
ゲートOPENから多くのひとです
 
 
 
 
 

 
飲んでるし・・・これ実はぬるかったのに
 
もったいないから(笑)
 
 
 
 

 
オレも撮ってくれ!と自己申請(笑)
 
ピットウォークで下はたくさんのひと

 

 

 
これ発売される予定のRC213V‐S 2190万円
 
しかしメチャ速い
 
 
 
 
 
 
Kawasaki勢応援してました 

 
 
 

 
レース観戦は今日もピット上のここから
 
決勝当日はフリードリンクでした
 
 
 
 
 
MuSASHi RT HARC-PRO
 
この大会一番の注目されてるチームで
 
マイケル・ファン・デル・マークとケーシー・ストーナー
 
 
 

 
スタート前ホームストレートは盛り上がってます
 
 
 

 
 
11:30 8耐でのスタートはル・マン式
 
 
 

 
 猛暑のなか甲高いエキゾーストでスタート

 
 
 
ライダー交代も見せ場です
 
 
 

 
60周年を優勝で飾りたいYAMAHA Factoy
 
 
 

 
ピットもライダーも万全の体制
 
マシンも今年開発の新型モデル
 
 
 
 
8耐名門Teamのヨシムラ
 
 
 
 
 
ピット作業も注目です
 
 
 
 
 
 
とにかく暑い中、
 
集中力を切らさずひたすら走る
 
 

 

 
夕暮れ間近になるとLight onのサイン
 
 



 
レース終盤になるとYAMAHAが優勢に
 
 
 
 
 
それでも最後までピットは緊張
 
 
 
 
 
最終ライダーのブラッドリー・スミスもスタンバイ 

 
 
 
 
 

 
陽が落ちてもまたアスファルトが焼けてる感じ
 
 
 
 

 
いつの間にか空には月が
 
 
 
 

 
ファイナルラップか近づく
 
 
 

 
19年ぶりの優勝が見えて来た時間
 
見守るYAMAHAスタッフ
 
 
 
 

 
チェッカーフラッグはYAMAHA Factory
 
 
 
 

 
盤石布陣の体制で挑んだYAMAHAの勝利
 
ライバルが勝つと黙っていないのが勝負のセオリ
 
YAMAHAが勝つと黙っていないのがHONDA
 
来年のHONDAがどうでるか
 
再び日本バイクメーカが熱くなるのか
 
 
 

 
300Kmの世界から
 
いきなりウリボウです
 
 
 

 
鈴鹿の帰りに懐かしい三重の友人に会いに
 
 
 
 

 
オシャレなアメリカ西海岸風の一戸建て
 
に一人住まい「Takeo」くん
 
たぶん7,8年ぶり?懐かし再会
 
ご飯食べさせて~って感じで(笑)
 
 
 

 
日曜日の遅い時間までありがとうねTakeoくん
 
また遊びに来ますね!
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 
結局日曜の夜は高速に乗った時点でバタン
 
徳島に向かって走り出したのは月曜の朝でした
 
 

 

 

 
 

2 件のコメント:

  1. なんか言え!(笑)

    返信削除
    返信
    1. いやぁ〜オレの代わりに書いてくれないですか、写真決勝の日だけでこんなにあるし(笑)文書相当長くなりそうで〜あははσ(^_^;)

      削除